青汁はいろいろな種類がある

青汁と言っても色々な種類が存在し、原材料が違ったり、形状が違ったりします。そこで、ここではその青汁の種類について紹介します。

 

まずは、原材料についてです。

 

・ケール配合の青汁
ケールとは、青汁に使われている原材料で一番代表的な野菜で、野菜のなかで『王様』とも言われていて、栄養素を豊富に含んでいます。特にビタミンAやビタミンCが多く含まれていて、それ以外にもミネラルや食物繊維も含まれているため、免疫力の向上効果があり、健康な体をサポートしてくれる野菜です。

 

・大麦若葉配合の青汁
大麦若葉が含まれている青汁は、ケールが含まれている青汁の次に人気がある青汁です。ケールは苦みやクセがあるため少し飲みにくいですが、ケールよりも飲みやすいため、青汁が苦手な方でも、この大麦若葉が含まれている青汁なら続けられるでしょう。

 

飲みやすさは重要ですが、それ以外にも酵素、ビタミン類、ミネラル類などのいろいろな栄養が含まれているため、野菜が不足していると感じる方向けの青汁でもあります。

 

・桑の葉配合の青汁
桑の葉は、昔から生薬として利用されてきました。その桑の葉にはミネラルが含まれていて、そのほかにも、フラボノイド、ギャバ、食物繊維なども豊富に含まれています。

 

また、この桑の葉は血糖値を低下させてくれる効果があるため、血糖値が高い方にもぜひ飲んでもらいたい青汁です。

 

・緑茶青汁
緑茶青汁は、緑黄色野菜を混ぜて作られた青汁のことです。緑茶が好きな方にはおすすめで、緑茶の風味が青汁を飲みやすくしてくれるため、青汁の風味が嫌いな方でもストレスなく飲むことが可能です。

 

また、ビタミン類やミネラル類、食物繊維にカルシウムなどたくさんの栄養素を含んでいるため、体に必要な栄養をきちんと摂ることができます。これらの原料が代表的ですが、ほかにも、明日葉(あしたば)を使った青汁やヨモギを使った青汁などもあります。

 

次に、形状についてです。

 

・冷凍タイプ
このタイプは、液体の青汁を冷凍したもので、冷凍してあるので鮮度がいいのが特徴です。青汁の風味が一番強いタイプですが、一番栄養価が高いタイプでもあり、味よりも栄養をたくさん含んでいる青汁を飲みたいという方におすすめのタイプです。

 

・粉末タイプ
青汁を潰して、乾燥させ、粉末状にしたものです。一番流通しているのはこのタイプで、栄養価が高い冷凍タイプと同じくらい栄養が含まれていて、携帯に便利で、水さえあればどこでも飲めるのが特徴のです。

 

一番流通しているだけあって、味にもこだわっていて、牛乳やジュースで割ってもおいしく飲めるタイプです。

 

・サプリメントタイプ
昔はありませんでしたが、今、急速に増えてきているタイプで、携帯に便利な粉末タイプよりも、もっと携帯に便利なタイプです。

 

サプリメントタイプなので、水と一緒に飲むという方法で、青汁の味をほとんど感じることがないため、青汁は飲みたいけど味が嫌いだからやめておこうという方におすすめしたいタイプです。また、仕事先や旅行先に携帯して飲んでもいいでしょう。

 

・フリーズドライタイプ
冷凍した青汁を真空の状態で乾燥させたものです。水やお湯のなかに入れて飲むタイプで、熱で破壊されてしまいやすい栄養素が、破壊されていないなので、栄養素をそのまま摂取できるのが魅力のタイプです。

 

・ジュースタイプ
ペットボトルに入っているタイプのものです。冷蔵庫に入れておいて、普通のジュースを飲む要領で飲みます。水で割ったり、牛乳で割るというひと手間が面倒な方におすすめのタイプです。