レモン配合の青汁の作用

レモンを配合した青汁とは、青汁にレモンの果汁を入れた青汁のことです。青汁は苦みや臭みといったクセがある飲み物ですが、それにレモンの果汁を入れることで、飲みやすさがアップします。

 

一般に多く流通している青汁にはケールという植物が使われていて、このケールは豊富な栄養を含んでいるのですが、独特の苦みや臭みがあり、外国では食べられていますが日本ではあまり食べられていません。

 

青汁にするにはそのケールを潰す作業をします。この潰す作業をする時に苦みが強くなってしまいます。このため、青汁はどうしても苦みが強くなってしまい、飲みにくくなるのです。

 

そこで、その苦みを解消したのがレモンを配合した青汁です。このレモンの青汁に含まれるレモンのおかげで、ケールが持つ臭みを軽減してくれるので臭いを気にせず飲めるのです。

 

レモンの青汁は野菜や青汁を敬遠している方に一度飲んでもらいたい青汁の1つです。また、レモンにはビタミン類がたくさん含まれているため、その効果もプラスされて、健康を体の中からサポートしてくれる効果があります。

 

そのレモンの青汁に含まれているレモンはビタミンCの含有量が極めて高く、100gあたり90rも含まれています。そのビタミンCには活性酸素の発生を防ぐ効果があります。活性酸素が増えるとどうなるかというと老化の原因になります。

 

また、動脈硬化のリスクが高まるので、レモンを摂取することは生活習慣病にも効果を発揮するのです。ほかにも、ビタミンCはシワやたるみなどの肌トラブルも解消してくれ、肌を白くすることから女性には積極的に摂取してほしい成分なのです。

 

レモンには、ほかにもクエン酸やリモネンも含まれています。クエン酸はサラサラ血液にしてくれ、リモネンは血行を良くしてくれたり、イライラを解消してくれたりする作用があります。

 

よって、レモンが含まれている青汁は、青汁に含まれている豊富な栄養素を摂取できるだけでなく、レモンに含まれている栄養素も摂取できるので、健康でいたい方や老化を防止したい方にとっては理想の健康食品なのです。

 

そのレモンを使用した青汁の商品を1つ紹介します。

 

グリーンハウスのレモンの青汁

 

青汁にはケールという植物が含まれているものが主流ですが、そのケールは『野菜のなかの王様』と呼称される、非常に栄養素が豊富な植物です。

 

その青汁にレモンを入れたのが、グリーハウスのレモンの青汁です。レモンを入れることにより、野菜が苦手なお子さんに飲ませても嫌がることはありませんし、青汁を初めて飲む方にもおすすめの青汁です。

 

また、このグリーンハウスのレモンの青汁は1日に2袋飲むだけで1日に必要なビタミンCを簡単に補うことができるため、特に女性に飲んでもらいたい青汁になっています。