青汁を飲み過ぎるとなにか体に悪い影響がある?

青汁を飲み過ぎるとなにか体に悪い影響がある?

青汁は健康食品のなかでは栄養を豊富に含んでいるため、人気がある食品ですが、残念ながら問題点も存在します。青汁にはカリウムやビタミンKなどが含まれているのですが、

 

そのカリウムは人工透析をしている方や腎臓の機能が弱い方には体の状態を悪化させてしまう恐れがあるのです。また、ビタミンKはワーファリンを飲んでいる方に注意が必要な成分です。

 

カリウムはミネラルの1種なのですが、その働きは、筋肉のエネルギーの代謝を向上させてくれたり、過剰に塩分が体内にあった時に体外に塩分を排出させてくれたりします。

 

腎臓の機能が弱い方は要注意

 

しかし、腎臓の機能が弱い方の場合、その排出が思うようにいかず、体内に蓄積してしまいます。体内に蓄積されると起こるのが高カリウム血症です。高カリウム血症になると、血圧が低下したり、おう吐をしたり、しびれを感じたり、不整脈になったりといろいろな症状が起きる可能性があります。

 

ビタミンKは心臓疾患を持っている方、脳疾患を持っている方、血管に問題がある方が服用しているワーファリンの効果をブロックしてしまう可能性があります。

 

このカリウムとビタミンK以外にも青汁を飲む際に気を付けなければいけない点があります。それは飲みすぎないことです。青汁は健康食品ですが、過剰に摂取したからといってどんどん健康になっていくわけではありません。飲みすぎると体に悪影響を与える場合があるのです。

 

過剰に飲み過ぎた場合によくある症状

 

過剰に青汁を飲んだ時に起こり得る症状としては、アレルギーや吐き気、便秘や下痢などです。特にアレルギーを持っている方は、自分のアレルギーの原因となる成分が、購入する商品に含まれているかを確認することが大切です。また、不妊治療をしている方も青汁を飲む際には注意が必要なので、まずは、医師に相談することをおすすめします。