ゴーヤーの青汁の特徴

ゴーヤーは沖縄料理で用いられていて、ゴーヤーチャンプルーなどが有名です。そのゴーヤーは沖縄以外でも売られていて、その広まった理由の1つに、ゴーヤーが含んでいる栄養素が関係しています。

 

沖縄は日本のなかでも長寿の県とも言われていて、長生きをする人が多いのですが、その長生きの秘訣がゴーヤーではないかとされています。

 

ゴーヤーにはいろいろな種類がありますが、青汁に利用されている品種はナガレイシという品種です。
このナガレイシには栄養素がたっぷりと含まれていて、例えば、ビミタンCがキャベツの2倍も含まれています。

 

それ以外にも、ビタミン類ではビタミンB1やビタミンK、ミネラル類ではカリウムやマグネシウムやリン、鉄分などで、そのほかにも食物繊維やカロチンなども含まれています。これらの栄養素により、ナガレイシには免疫力をアップさせてくれたり、健康を増進させてくれたりする力があります。

 

しかし、ゴーヤーは別名『にがうり』とも呼ばれているため、苦みが強く、苦みが嫌いな方にとっては敬遠してしまう食べ物でもあります。そんなこともあり、ゴーヤーを使用した青汁には、沖縄で育てられた黒糖を加えたものが主流で、飲みにくさを解消してあります。

 

このようにゴーヤーにはいろいろな成分が含まれていますが、そのなかでも注目してほしい成分がビタミンCです。ビタミンCはガンや動脈硬化を予防してくれる効果があったり、肌のトラブルの原因になる「チロシン」という物質が生成されるのを抑制してくれるため、美肌にも効果があったりする成分なのです。

 

ゴーヤーは苦みがあるため、多くの人は苦手な方としますが、この苦みの素のククルビタシンと呼ばれる成分はビタミンCの作用と同じ作用を持っているため、ビタミンCと相乗効果を発揮し、ガンや動脈硬化をさらに抑制できるのです。

 

ゴーヤーは様々な栄養素が含まれていることが分かったため、有名になってきましたが、ゴーヤーを嫌う方は少なくありません。「ゴーヤーを食べたいけれど苦いのはちょっと・・」という方におすすめなのがゴーヤーが含まれている青汁です。

 

このゴーヤーが含まれている青汁の多くは、黒糖を加えてあるものが多く、かなり苦みが軽減されているため飲みやすいのが特徴です。ゴーヤーが嫌いな方でも飲み物としては飲むなら続けられることでしょう。