青汁で血液をサラサラに

青汁で血液をサラサラに

血液がサラサラの場合は健康で、血液がドロドロの場合は不健康ということを一度は耳にしたことがあるでしょう。血液がサラサラだとなぜ健康なのか、また、血液がドロドロだとなぜ不健康なのか気になりますよね?

 

血液がサラサラということは血液がスムーズに流れている状態のことを言い、逆に血液がドロドロということは血液がスムーズに流れていないという状態で、これがなぜ悪いかというと、動脈硬化になるリスクが高まるためです。

 

では動脈硬化を引き起こすと体にどのような影響を及ぼすかというと、高血圧になるリスクが高まります。高血圧になり、それが重症化すると、脳の血管が詰まるために脳に十分に血液が行かなくなる脳梗塞や、心臓に十分に血液が行かなくなる心筋梗塞や、狭心症を引き起こす原因となります。

 

このドロドロ血液の方は近年増加していて、データでは日本人の5割がこのドロドロ血液という結果が出ています。

 

このドロドロ血液をサラサラ血液にするために効果を発揮する成分の1つに『ピラジン』があり、これは青汁にも含まれています。

 

このピラジンは血液が固まってしまう「血栓」の生成を防いでくれる作用があり、それにより血液の流れがスムーズになり、サラサラ血液にしてくれる作用があります。

 

このピラジンは青汁以外にもピーマンやキュウリにも含まれていますが、毎日継続してこれらの野菜を摂取するのは根気がいります。そこで、手軽にピラジンを摂取できる青汁をおすすめしたいのです。