緑茶の効果

緑茶の青汁の特徴

青汁の飲み方に、緑茶を加えるという方法があります。通常はケール配合の青汁に加えたり、大麦若葉配合の青汁に加えたりします。

 

緑茶をミックスすることで2つのメリットがあります。ケールには独特の苦みや臭みがあります。緑茶を加えることにより、この苦みや臭みが軽減されるため、飲みやすくなります。これが1つ目のメリットで、もう1つのメリットは、緑茶が持っている栄養素も補えるという点です。

 

緑茶を日頃から飲んでいる方は多いと思いますが、緑茶には健康素増進効果も期待できる食物です。緑茶にはカテキンと呼ばれる渋みの素になる成分が含まれています。このカテキンは老化を防止したり、コレステロールの値を下げてくれたり、ガンを予防してくれたり、血圧を下げてくれたり、口臭を軽減してくれたりする効果があります。

 

さらに、緑茶は抗菌作用があり、細菌やウイルスが体内に侵入しても、この抗菌作用により免疫力が高まっているため、細菌やウイルスを撃退してくれます。また、青汁にも含まれているビタミン類やミネラル類もたくさん含んでいるため、青汁の持つパワーと併せて、さらに高い効果を発揮してくれます。

 

青汁は飲みにいイメージが定着してしまっている飲み物ですが、緑茶を加えることで格段に飲みやすくなるので、青汁が苦手な方でも緑茶が含まれている青汁なら飲みやすいですし、お子さんでも嫌がることなく飲むことができます。

 

そんな緑茶が含まれている青汁があるので1つだけ紹介します。

 

・美容青汁
この青汁には、緑茶やケール、大麦若葉を使っているのですが、これらは有機栽培で作られた原料のため、安心・安全の青汁となっています。また、美容青汁は名前に『美容』と付いているだけあり、美容についても考えて作られた青汁です。その美容に効果がある成分のうち、コラーゲン、ヒアルロン酸、ビタミンCを使用しました。

 

緑茶の持つパワーで健康的な体にしてくれて、美肌にも効果があるのがこの美容青汁です。