青汁は妊婦さんの葉酸補給に良い

青汁ふに含まれる葉酸の力

妊婦さんは普段よりも多く栄養素を摂取した方が好ましいですが、そのなかでも『葉酸』を多く摂取することをおすすめします。これは厚生労働省も推奨していて、その量は1日あたり400マイクログラムとしています。

 

母子手帳を見ると分かりますが、母子手帳にも記載してあります。なぜ葉酸が必要かというと、妊娠している方の体内の葉酸の量が少ないと、胎児が神経管閉鎖障害という障害になるリスクが高まるためで、これを未然に防ぐには葉酸が効果的だからです。

 

神経管閉鎖障害について説明しておくと、神経管閉鎖障害とは、神経の管が正しく作られないことが原因で引き起こされる先天性の障害で、脳や脊髄に悪影響を与えることがあります。アメリカなどで行った研究では、葉酸は、神経管閉鎖障害になるリスクを少なくできるという結果が出ているのです。

 

そのため、妊娠している方に対しては葉酸を摂取するようにと呼びかけています。しかし、葉酸を摂取していれば絶対に安全とは言い切れません。神経管閉鎖障害とはいろいろな要因で引き起こされる障害なので、リスクを減らせるということです。

 

しかし、リスクを減らせるというだけでも、葉酸を摂取した方が摂取しないよりも良いことは確かです。また、妊娠中は貧血にもなりやすいですが、貧血は葉酸不足で引き起こされることがあるので、葉酸は、神経管閉鎖障害と貧血に効果を発揮してくれるのです。

 

葉酸が神経管閉鎖障害と貧血に効果があることは分かりましたが、何から摂取すればいいかというと、ほうれん草やキャベツなどの青野菜に多く含まれているので、青野菜を食べることで葉酸を摂取することができます。

 

しかし、葉酸には弱点があり、熱に弱いという性質を持っています。そのため、できれば加熱しないで食べられるものから葉酸を摂取するのが望ましいのですが、それに最適なのが青汁です。

 

青汁は生のままの野菜を使っているため、加熱という工程を踏んでいません。しかも、飲むだけなのでたくさんの葉酸を一度に補うことができます。

 

また、青汁には葉酸以外にもビタミン類やミネラル類などの体に必要な栄養素も豊富に含まれているため、妊娠中の方の場合、胎児にも栄養が行くため、胎児にもうれしい飲み物なのです。