家計に優しい低価格青汁ランキング

低価格青汁ランキング

毎日続けたい青汁には、少しでもお得なものを選びたいものです。ここでは、1杯あたりの価格が安い青汁を紹介していきます。

 

1位:自然食研の健願青汁

 

自然食研の検眼青汁には、5年もの歳月をかけて耕された土壌で栽培されたケールの外葉のみが使われています。

 

ケールの外葉は他の部分と比べて最も純度が高く贅沢であり、栄養も凝縮されているため、たった1杯飲むだけでもセロリ1.5本分の食物繊維、牛乳1本分のカルシウム、トマト4個分のビタミンA、ピーマン6個分のビタミンEという高い栄養を一度に摂取することが可能です。

 

また、1杯あたりわずか67円という低価格も大きな魅力です。

 

2位:遠藤青汁

 

巷にあふれる青汁の中でも最も古い歴史と伝統を持つ青汁で、国内初の青汁を紹介した遠藤二郎博士の青汁です。

 

遠藤青汁の原料であるケールは無農薬・無化学肥料にこだわり、さらに着色料や添加物も一切使わず自然のままの青汁であることが自慢です。歴史ある青汁なので多くのファンに根強い人気があり、リピーターもたくさんいる本格的な青汁です。

 

3位:アサヒの菜善青汁

 

アサヒから発売されている美味しい青汁『菜善青汁』は、1杯たった75円という安さで飲める青汁です。原料である大麦若葉は、厳選された契約農家で農薬も化学肥料もつかわずに作られています。

 

秋から冬の旬の時期の大麦若葉のみが使用され、栄養効果も満点ですケールや明日葉と比べて飲みやすいのが大麦若葉ですが、さらに抹茶や麦芽糖を加えることで甘みが増し、より美味しい仕上がりになっています。

 

4位:お茶村の神仙桑抹茶ゴールド

 

お茶村の神仙桑抹茶ゴールドは2008年モンドセレクション金賞を受賞しており、品質の高さを公式に認められた青汁です。巷で話題のデトックス効果に評価が高く、発売以来2,000万包の売上を突破しているのもすごいですね。

 

飲んでも効果を感じられなかった場合には、購入した金額全額を返金してもらえるシステムがあり、初めて購入すると方にも安心してお買い物できます。

 

5位:ダイレクトテレショップの青汁三昧

 

『青汁三昧』の知名度の高さは、2億杯という他を圧倒する売上からもうかがえます。青野菜の中でも特に栄養可が高いとされるゴーヤ、ケール、大麦若葉といった三大野菜を多く配合しており、高い栄養価で健康や美容に効果を発揮してくれる青汁です。