青汁カフェ | 青汁の効果と不味くない口コミランキング

青汁特徴別ランキング

栄養価高い効果別ランキング

お子様OK!美味しさランキング

家計に優しいランキング

 

青汁を始める前に…どれくらい続けるか、を考える

 

青汁は健康を増進する効果がある飲み物ですが、効果が出るまでにかかる期間はどのくらいなのでしょうか。いろいろな方の話を聞いてみると、1番早い方で1週間〜2週間で、平均をすると3か月程という方がほとんどです。この3か月という期間は体のサイクルと関係があります。

 

人間の体内にある赤血球は約120日で生まれ変わるのですが、それと関係しているとされています。なので、青汁は飲み始めたら効果がすぐに出ると思わずに、継続して飲むことで徐々に健康になっていくと考えてください。

 

青汁を毎日続けて飲んでいると体が弱アルカリ性の体質に変化していくとされていて、その弱アルカリ体質になると細胞の代謝が正しく行われると言われています。

 

細胞の代謝が正しく行われると、免疫力が上がり、自然治癒力も高まり、疲れを感じにくくなります。さらには、現代人と切っても切れない病気の生活習慣病の予防にも効果的で、いろいろな病気になりにくくなります。

 

1〜2週間飲んだだけでやめるのはアカン

 

よって、青汁を飲み始めた方は1週間〜2週間程度で効果が出なかったからといって止めてしまうのではなく、最低でも3カ月は継続して飲むようにしましょう。こうすることで、効果が徐々に出てくるはずです。また、青汁を飲む際に心配なのが安全性ですが、薬などのように副作用が出たということはないので、毎日続けて飲んでも問題ないです。

 

青汁の安全性

 

青汁は健康に良いということで人気がありますが、安全性については疑問に思う方もいるでしょう。野菜が原料なので農薬や化学肥料、添加物を使っていたとしたら健康に良くないことになります。毎日継続して飲むことで健康増進効果がある青汁ですが、安全性についても知っておきましょう。

 

健康食品を選ぶ時には、添加物が含まれているかを見る方が多いと思いますが、添加物が含まれていないから安全とは言い切れません。

 

なぜなら、添加物が含まれていなくても、農薬や化学肥料などを使って野菜を育てていることもあるからです。これらは体にとって有害なものなので、できればこのような農薬や化学肥料を使っていない青汁を選ぶことが大切になってきます。

 

しかし、現在、国内で流通している国内産の青汁には農薬や化学肥料は使っていません。いわゆる「有機栽培」という栽培方法で作っています。

 

しかし、農薬や化学肥料を使っていないということは、虫が野菜を食べたり、野菜が病気になる可能性があったりするということでもあります。農家の方はそのデメリットをなくそうと、農薬や化学肥料を使って育てている野菜よりも注意深く監視しています。なので、ほかの野菜を育てるよりも手間が倍以上かかっているわけです。

 

ということは、有機栽培で作られた青汁は、安全性が保たれていて、なおかつ、農家の方がきちんと育っているかをほかの野菜よりもチェック体制を厳しくしているため、安心して買うことができるとも言えます。

 

それでも不安なら、青汁を購入する際には、公式サイトで、原料の野菜を有機栽培で作っているか安全性はどうかなどを、自分で納得のいくまでチェックして購入するのが賢明と言えるでしょう。

更新履歴